亡くなったとき

被保険者(本人)が死亡した場合

被保険者(本人)の家族(被保険者の収入により生計を維持していた人)が被保険者の埋葬を行った場合、一律に50,000円が「埋葬料」として支給されます。

家族(被保険者の収入により生計を維持していた人)がいなかったときは、実際に埋葬を行った人に、埋葬料の額の範囲内で、かかった費用の実費が支給されます。この場合は「埋葬費」といって「埋葬料」と区別されています。

当健康保険組合の付加給付金
埋葬料付加金(被保険者の死亡に対して)
一律50,000円

健康保険の資格は、ご本人が死亡されますと、その翌日より扶養家族の方の資格も喪失し、当健保の保険証が使用できなくなります。ご家族が病院にかかられている場合等は、速やかに国民健康保険へ加入するなどの手続きが必要となります。

資格喪失後の死亡給付については、「退職後も受けられる給付」をご覧ください。

被扶養者(家族)が死亡した場合

被扶養者が亡くなったときは「家族埋葬料」として、一律に50,000円が支給されます。

なお、被扶養者死亡の際は、被扶養者からはずす手続きも必要となりますので、忘れずに「被扶養者(異動)届」と保険証を所属の事業所を経由して提出してください。

埋葬料と労災保険の葬祭料

死亡原因が、業務上または通勤途上中の事故による場合は、労災保険からの給付があるため、健康保険の埋葬料は支給されません。労災保険の給付は、正社員に限らず、パート・アルバイトなども含まれますので、勤務先の人事担当課へ連絡してください。

申請書類はこちら
書類提出上の注意

A4用紙で申請書類をプリントアウト(白黒可)して使用してください。

プリントアウト後、必ずボールペンで自筆署名・捺印の上提出してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。
お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。