健保レター

No.

81

2021/01/25
早めの花粉症対策

 2月~3月は花粉症のピークです。

早めの対策でつらい花粉症シーズンを乗り切りましょう。

身の回りから対策

症状をなるべく抑えるために、まずは花粉に触れないことが基本です。

日常生活から小まめに対策をしていきましょう。

外出時

マスク、メガネを着用する

帽子、スカーフ、コートを着用する

帰宅時

花粉を払い落としてから、室内へ入る

手洗い、うがい、洗顔をして、鼻をかむ

室内

掃除はこまめにする

ぬれぞうきんやウェット式のモップで拭き取る

体調管理

きちんと睡眠をとる

タバコなどで部屋の空気を汚さない、乾燥させない

症状が出る前に薬で対策

花粉が飛散する前に薬を飲み始めれば、症状の出現を遅らせ軽くすることができます。

花粉の飛散時期を確認し、飛び始める2週間ほど前から服用を開始してください。

参考資料:エスエス製薬アレジオンHP「2021年花粉情報」

花粉症の薬

★花粉症の薬もジェネリック医薬品を活用しましょう。

花粉症の薬は、内服薬・点鼻薬・点眼薬を併用することが多く、ジェネリック医薬品にすることで

薬代の負担を大幅に軽減することができます。

★お医者さんや薬剤師さんと新薬との違いなどをよく相談のうえ、

ジェネリック医薬品への切り替えをご検討ください。

参考資料:協会けんぽ健康サポートHP「花粉症の薬・ジェネリックならこんなにオトク」

 

花粉症と感染症の症状

花粉症 

鼻水・くしゃみ・目のかゆみ

花粉が飛散すると発症

花粉が飛散する特定の時期

風邪

喉の痛み・鼻水・くしゃみ・咳

比較的ゆっくり発症

年間を通じて。特に季節の変わり目や体力が低下している時

インフルエンザ

高熱38℃以上・頭痛・関節痛・筋肉痛・倦怠感

急激に発症

12月~3月(1月~2月がピーク)

新型コロナ

発熱・味覚と嗅覚異常

感染後1日~14日の潜伏期間を経て発症

流行時期は特定されていない

厚生労働省の電話相談窓口 0120-565653(フリーダイヤル)

 受付時間:9:00~21:00 土日・祝日も実施

最新の情報は厚生労働省HP「新型コロナウイルス感染症について」をご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

参考資料:秋のけんこう「暮らしの健康手帖」・エスエス製薬アレジオンHP「花粉?風邪?1分セルフチェック」・

     日本公衆衛生「新型コロナウイルス感染症」・職場の健康だより「2021年1月号冬にかかりやすい感染症」

健保レター一覧