家族を扶養にしたいとき

被扶養者の追加手続き

結婚や子供の出生など家族を「被扶養者」として申請する場合は、「被扶養者(異動)届」に扶養の事実を証明する必要書類と保険証を添えて事業主経由で提出してください。

なお、被扶養者の申請条件や必要書類についての詳細は、事業所給与厚生担当課または社内掲示板(身上異動・人事届出書)により必ずご確認のうえ、手続きを行ってください。

任意継続被保険者の方は、健保組合までご連絡ください。

扶養認定日

扶養認定日は、「被扶養者(異動)届」及び必要書類一式を健保組合が受理し、扶養の事実を認めた日(原則受付日)となります。ただし、次の場合には、その日まで遡って認定します。

  1. 子どもの出生の場合、その出生日
    出生日より1ヵ月以上遅れて届出された場合は、遅延理由書の提出をお願いすることがあります。
  2. 被保険者の資格取得と同時に扶養家族を申請した場合、被保険者の資格取得日
    資格取得日より1ヵ月以上遅れて届出された場合は、遡って認定されないことがあります。
  3. 退職により申請した場合、退職日の翌日
    退職から2週間を経過して届出された場合は、書類の受付日が認定日となります。
申請書類はこちら
  • 被扶養者異動届
    扶養状況届
書類提出上の注意

社内掲示板(身上異動・人事届出書)または事業所の給与厚生担当課よりお取り寄せいただき、申請してください。

書類は健保へ直接ではなく、事業所給与厚生担当課へ提出してください。
(任意継続被保険者の方は直接健保組合へご連絡ください。)