移送費を受けられるとき

病気やケガで移動が困難な患者が、必要があって移送されたときに立て替えた交通費などは、次の3つの要件を満たしていると健康保険組合が判断したときには「移送費」(被扶養者の場合は「家族移送費」)として健康保険組合から現金で払い戻されます。

移送費の支給要件

  1. 適切な保険診療を受けるためのものであること
  2. 移動を行うことが著しく困難であること
  3. 緊急その他やむを得ないものであること

支給額

最も経済的な通常の経路および方法により移送された場合の費用を基準に健康保険組合が算定した額を支給します。

支給の対象となる費用

  1. 寝台自動車などを利用したときの運賃
  2. 運転手などを雇った場合は、その賃金・手当・宿泊料など
  3. 医師や看護師の付添が必要である場合は、医学的管理が必要と医師が判断した場合に限って原則1人分の交通費・日当・宿泊料など

注意事項

  1. 普通の通院でタクシーなどを利用した場合は、移送費の支給対象外となります
  2. 入院したあと、症状が安定した頃に他の病院へ転院する場合などは緊急性が認められないため移送費は支給されません
申請書類はこちら
書類提出上の注意

A4用紙で申請書類をプリントアウト(白黒可)して使用してください。

プリントアウト後、必ずボールペンで自筆署名・捺印の上提出してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。
お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。