健保レター

No.

12

2015年4月
毎日+10(プラステン)からだを動かそう

 陽春の候、元気にお過ごしですか?
暖かくなりからだを動かしたくなる季節ですね。
さて、スマート・ライフ・プロジェクト(厚生労働省)とは、
「健康寿命をのばしましょう」をスローガンに、国民全体が人生の最後まで元気に健康で楽しく毎日を送れることを目標とした国民運動です。
生活習慣病を予防し、健やかな生活を送るため「適度な運動」「適切な食生活」「禁煙」の3つのアクションに加え、定期的な「健康診断・検診の受診」を推進しています。
3つのアクションのひとつ「適度な運動(プラス10分の運動)」について紹介します。

気づく…からだを動かす機会や環境は、身の回りにたくさんあります。
    ご自身の生活や環境を振り返ってみましょう。
始める…今より少しでも長く、少しでも元気にからだを動かすことが健康への第一歩です。
    速歩きや自転車、筋力トレーニングなどプラス10分から始めましょう。
達成する…目標は1日60分、元気にからだを動かすことです。(65歳以上の方は40分)
     これらを通じて体力アップを目指しましょう。
つながる…家族や仲間とプラステンを共有しましょう。
     一緒に行うと楽しさや喜びが一層増します。

楽しく続けられそうなことをみつけて、毎日からだを動かしましょう!!

~厚労省 スマート・ライフ・プロジェクト 「毎日+10分からだを動かしましょう」より抜粋~ 

健保レター一覧