健保レター

No.

10

2015年2月
花粉症対策のセルフケアとメディカルケア

 まだまだ寒い日が続きますが、元気にお過ごしでしょうか?
 さて、まもなく花粉シーズン到来です。2015年春のスギ花粉の飛散開始は、例年並みか早い見込みで、
2月上旬から九州・四国・東海地方で花粉シーズンが始まると予測されています。
花粉症対策は、飛ぶ前からの自分でできるセルフケアと、薬を上手に使ったメディカルケアで乗り切りましょう。

●自分でできる日常のセルフケア

 【外出時】
 ・マスク、メガネを着用する
 ・帽子、スカーフ、コートを着用する

 【帰宅時】
 ・花粉を払い落としてから、室内へ入る
 ・手洗い、うがい、洗顔をして、鼻をかむ

 【室内】
 ・掃除は濡れ雑巾などでこまめに行う
 ・加湿器を使用し、部屋の湿度を上げる

 【体調管理】
 ・きちんと睡眠をとる
 ・バランスのよい食事をとる
 ・タバコなどで部屋の空気を汚したり、乾燥させない

●薬を上手に使ったメディカルケア

 ・一般的にスギ花粉は1年のうち3ヶ月前後症状が出て、毎年続きます。
  定期的で継続的な症状のため、その分薬代もかかってしまいます。
  そこで、おすすめしたいのが新薬(先発医薬品)からジェネリック医薬品への切替えです。
 ・花粉症の薬は、内服薬・点鼻薬・点眼薬を併用することが多く、ジェネリック医薬品にする
  ことで薬代の負担を大幅に軽減することができます。

  ※ジェネリック医薬品への切替えは、医師・薬剤師とよく相談されるとともに、新薬との違い
   についてきちんと説明を受けられることをお願いします。

健保レター一覧