健保レター

No.

100

2022/08/25
身体を動かして心身ともに元気に!

身体を動かすことは、肥満や生活習慣病を防ぐだけでなく、

心の健康を保つためにも効果的です。

積極的に身体を動かす習慣を身につけましょう!

30分に1度は立って座り過ぎを防ぐ

同じ姿勢でいることが多い人は、30分に1回立ち上がりストレッチをするなど身体を動かしましょう

 

まずは1日10分多く身体を動かす

筋トレにチャレンジ

週2回の30分~60分の筋トレで疾病・死亡リスクが低減します。※添付ファイル「筋トレにチャレンジ」をご参照ください

 

《死亡リスク》

筋トレを全くしていない人に比べて週40分の筋トレを実施する人は、

総死亡リスクが最も低く(17%減)、週140分を超えると筋トレを

実施しない人と差がなくなる

《総がん発症》

全がんの発症リスクは週30分の筋トレで最も低く(9%減)、

週130分を超えると筋トレを実施しない人と差がなくなる

《心血管疾患発症》

心血管疾患の発症リスクは週60分の筋トレで最も低く(18%減)、

週130分を超えると筋トレを実施しない人と差がなくなる

《糖尿病発症》

糖尿病の発症リスクに関しては週60分までは急激に減少(17%減)し、

その後も緩やかに減少している

 

参考資料:毎日の習慣で健康をつくろう!健康づくりカレンダー・

     ヘルスアップ21 HEALTH Topic「筋トレと疾病・死亡リスクの関連が明らかに」・

     早稲田大学HP「筋トレで死亡・疾病リスクが減少」

 

★健保レターの目的

環境の変化に負けない心と身体づくりを支援し、

自分らしくいきいきと働く社員をひとりでも多く増やすために

持続可能な開発目標(SDGs)の「すべての人に健康と福祉を(SDGs3)」

更に「質の高い教育をみんなに(SDGs4)」に貢献して参ります。

 

添付ファイル

健保レター一覧