健保レター

No.

86

2021/06/25
熱中症を予防しよう

 熱中症とは室温や気温が高い中で、

体温の調節機能がうまく働かなくなり体に熱がこもった状態をいいます。 

注意が必要な日

✔気温が高い

✔湿度が高い

✔風が弱い

✔急に暑くなった

注意が必要な人

✔高齢者・幼児

✔体調の悪い人

✔持病のある人

✔肥満の人

✔暑さに慣れていない人

熱中症は予防が大切です

予防ができているか☑しましょう

□こまめに水分補給をしている

□エアコン・扇風機を上手に利用している

□シャワーや冷たいタオルで体を冷やす

□部屋の湿度を測っている

□暑い時は無理をしない

□涼しい服装をしている (外出時には日傘、帽子)

□部屋の風通しを良くしている

□救急時・困った時の連絡先を確認済み

□涼しい場所・施設を利用している

熱中症の応急処置

チェック❶熱中症を疑う症状がありますか?

めまい・失神・筋肉痛・筋肉の硬直・大量の発汗・頭痛・不快感・吐き気・

嘔吐・倦怠感・意識障害・けいれん・手足の運動障害・高体温

チェック❷呼びかけに答えますか?

はい 👉涼しい場所に避難し、服をゆるめマスクを外し、身体を冷やす

いいえ👉救急車を呼ぶ119 

    救急車を待つ間も涼しい場所に避難し、服をゆるめマスクを外し、身体を冷やす

チェック❸水分を自力で摂取できますか?

はい 👉水分・塩分(経口補水液)を補給する

      涼しい場所に避難し、服をゆるめマスクを外し、身体を冷やすことを続ける

いいえ👉医療機関へ

チェック❹症状は良くなりましたか?

はい 👉そのまま安静にして十分に休息をとり、回復したら帰宅しましょう

いいえ👉医療機関へ

 

参考資料:四日市市広報5月健康だより「熱中症を予防しよう」・

     環境省HP https://www.wbgt.env.go.jp/ 「熱中症予防サイト」

健保レター一覧