健保レター

No.

58

2019/01/28
早めの対策で花粉症を乗り切ろう

 春寒の候、元気にお過ごしでしょうか?

春が近づくとともに毎年、多くの方が悩まされる花粉症。

花粉が飛び始めてから慌てないためにも、早めの対策が症状を軽くするコツです。

 

≪花粉の飛散状況を知る≫

環境省の花粉症観測システム「はなこさん」で確認できます。

http://kafun.taiki.go.jp/mobile/

 

≪身の回りから対策≫

症状をなるべく抑えるために、まずは花粉に触れないことが基本です。

日常生活から小まめに対策をしていきましょう。

  • 外出時

 ・マスク、メガネを着用する

 ・帽子、スカーフ、コートを着用する

  • 帰宅時

 ・花粉を払い落としてから、室内へ入る

 ・手洗い、うがい、洗顔をして、鼻をかむ

  • 室内

 ・掃除はこまめにする

 ・ぬれぞうきんやウェット式のモップで拭き取る

  • 体調管理

 ・きちんと睡眠をとる

 ・タバコなどで部屋の空気を汚したり、乾燥させない

 

≪症状が出る前に薬で対策≫

花粉が飛散する前に薬を飲み始めれば、症状の出現を遅らせたり症状を軽くすることができます。

花粉の飛散時期を確認し、飛び始める2週間ほど前から服用を開始してください。

 

≪花粉症の薬≫

★花粉症の薬もジェネリック医薬品を活用しましょう。

  花粉症の薬は、内服薬・点鼻薬・点眼薬を併用することが多く、ジェネリック医薬品にすることで薬代の負担を大幅に軽減することができます。

★お医者さんや薬剤師さんと新薬との違いなどをよく相談のうえ、ジェネリック医薬品への切り替えをご検討ください。

 

~社会保険研究所作成「早めの対策で花粉症を乗り切ろう」リーフレットより抜粋~

健保レター一覧