健保レター

No.

47


女性の健康を考える

 早春の候、いかがお過ごしでしょうか?

毎年3月1日~8日は『女性の健康週間』です。

働く女性の健康について理解を深めたいと存じます。

 働く女性の20歳代・30歳代は、栄養・運動・睡眠が不足しており、

足りない状態は女性ホルモンを分泌する卵巣の働きを低下させます。

女性特有の不調を乗り切り、いつまでも元気に働ける体をつくるには、

「バランスの良い食事」「適度な運動」「十分な睡眠」によって体を整えることが大切です。

いつまでも元気で働き続けられる体をつくるための6つの新習慣メソッドをお伝えします。

 

<6つの新習慣メソッド>

  • 朝ごはんを食べる

  • 朝ごはんにタンパク質を摂る

  • 栄養になるおやつを選ぶ

  • 週に1回体重・体脂肪を測る(体内時計を整える)

  • カフェインを減らす

  • 日常生活の中で活動量を増やす

*女性だけでなく男性にも当てはまりますので、参考にしてください。

健保レター一覧