健保レター

No.

89

2021/09/25
コロナ時代の心の健康

新型コロナウイルス感染症の流行にともない、体調がすぐれない、

精神的に著しく落ち込むなどの「コロナうつ」と呼ばれる症状の人が増えています。

コロナに感染することへの恐怖

慣れないテレワークへの戸惑い

収入の落ち込みに対する不安

家族と過ごす時間が増えることによる不満の表面化 など

上記の症状は、コロナ禍における新たな不安やストレスが原因と考えられます。

刺激的な情報は受け流すようにする

コロナうつになる要因のひとつは、

メディアやSNSなどにあふれる真偽不明な情報にあります。

新型コロナウイルスに関する正確な情報を見極めることが大切です。

テレビやスマホなどに触れない時間を意識的につくり、

趣味やスポーツなど楽しめることでストレスを発散することも必要です。

依存症対策

急激な環境の変化を経験した時にその不安から逃れようとして、

飲酒量が急増しアルコール依存症になってしまうことがあります。

在宅時間が増えたことでゲームやネットに没頭することが生活の中心になり、

ネット依存症などに陥る危険性も高まります。

自分ひとりで解決できない悩みを抱えたときは、

早めに医療機関や専門家の相談機関を利用しましょう!

新型コロナウイルスや健康不安についての情報・相談先一覧

新型コロナウイルス感染症の最新情報等

・新型コロナウイルス感染症について(厚労省)

 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

・新型コロナウイルス感染症対策(内閣官房)

  https://corona.go.jp/

・新型コロナウイルス感染症関連情報ページ(NIID国立感染症研究所)

   https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov/9324-2019-ncov.html

こころの悩みを抱えているときは

・こころの健康相談統一ダイヤル(厚労省)☎0570-064-556

・よりそいホットライン(一般財団法人社会的包摂サポートセンター)📞0120-279-338

・「こころの耳」働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト(厚労省)

 https://Kokoro.mhlw.go.jp

JSR健康保険組合の相談窓口

・ファミリー健康相談

 https://www.jsrkenpo.or.jp/soudan_login/

 

参考資料:Withコロナ時代の生活習慣予防と健康生活 監修:杏林大学名誉教授 石川恭三 先生

健保レター一覧