特定健診・特定保健指導

平成20年4月より、40~74歳の被保険者(本人)と被扶養者(家族)を対象に、特定健診・特定保健指導の実施が、健保組合などの各医療保険者に義務付けられました。
この制度は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満)の予防・改善に着目し、もっと早い段階で生活習慣病を予防することを目指します。

これに伴い、当健保組合では実施計画に基づき、段階的に健診・保健指導による生活習慣改善のサポートを行ってまいります。

特定健診 特定保健指導
被保険者 従業員 会社の定期健康診断で受診
(自己負担なし)
健保組合にて対象者を選定後、会社で保健指導を受診
(自己負担なし)
任意継続者
(退職後)
従来からの補助制度を利用
(一部自己負担あり)
健保組合にて対象者を選定後、順次実施
被扶養者
(家族)
①~④のいずれか1つを受診
集合契約の健診機関で受診
対象者に「受診券」を送付
(健診費用の上限1万円までを補助します。受診券を利用した場合は全額補助)
②巡回レディース健診の健診会場で受診
「受診券」にガイドブックを同封
(健診費用の上限1万円までを補助します。
ただし、生活習慣病健診、人間ドック以外の検査費用は自己負担)
生活習慣病健診を利用
(健診費用の上限1万円までを補助します)
人間ドックを利用
(健診費用の上限1万円までを補助します)
がん健診は、引き続き市区町村で受診してください。
健保組合にて対象者を選定後、順次実施

被扶養者の受診券・利用券の送付は、送付時期となりましたら「お知らせ」にアップいたします。