被保険者(本人)の人間ドック・脳ドック・生活習慣病健診

実施要領

種別 補助対象者 年度末時点の年齢 受診条件(受診日で判断) 補助金額
人間ドック 在職者・任意継続被保険者 節目年齢
(40、45、50、55、60、65、70歳)
年度内1回 健診費用(税込)
※上限5万円
節目年齢以外
(41歳以上)
健診費用(税込)
※上限2万円
脳ドック 制限なし 35歳未満は5年に1回
35歳以上は1年に1回
健診費用(税込)
※上限1万円
生活習慣病健診 任意継続被保険者 35歳以上 年度内1回 健診費用(税込)
※上限2万円

在職者の方は、年度内に「人間ドック」AとBのいずれか1つを利用できます。

任意継続被保険者の方は、「人間ドック(AとBのどちらか)」「生活習慣病健診」のいずれか1つを利用できます。

健診年度は、4月1日~翌年3月31日までの1年間です。

年齢は、受診日当日ではなく、年度末3月31日現在の年齢を基準とします。

【2018(H30)年度節目健診対象者】

40歳 1978(S53)年4月1日~1979(S54)年3月31日生まれ
45歳 1973(S48)年4月1日~1974(S49)年3月31日生まれ
50歳 1968(S43)年4月1日~1969(S44)年3月31日生まれ
55歳 1963(S38)年4月1日~1964(S39)年3月31日生まれ
60歳 1958(S33)年4月1日~1959(S34)年3月31日生まれ
65歳 1953(S28)年4月1日~1954(S29)年3月31日生まれ
70歳 1948(S23)年4月1日~1949(S24)年3月31日生まれ

(例)2018(H30)年度末時点で55歳の方→2018年度に受けた人間ドックに対して5万円補助。

《ご注意》
  • 人間ドック、生活習慣病健診は以下の特定健康診査項目を全て含む健診であること。一つでも未受診があると補助の対象外となります。
    《特定健康診査項目》
    ①問診②診察③身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)④血圧測定⑤尿検査(尿糖、尿蛋白)⑥血液検査(空腹時血糖またはHbA1c、中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール、GOT、GTP、γ-GTP)
  • 一部でも保険診療扱いとなった場合は、補助金の申請はできません。事情により一部保険診療とされる場合は、事前に健保にご相談下さい。
  • 健診の結果、異常が見つかった場合の再検査(二次検査)の費用は、補助の対象外です。
    この場合は、健康保険証を使用して健康保険診療扱い(3割自己負担)で受診してください。
  • 健保連契約健診機関以外で受診された場合の補助金年度締めは、健診年度(4月~翌年3月)終了後の4月15日(休日の場合はその翌日)健保組合到着分までです。以降は、受付できませんのでご注意ください。
  • 健診当日にJSR健保組合の被保険者で無い方は受診できません。

人間ドック

人間ドック受診方法は2パターンありますので、同一年度(4月~3月)にどちらか1つだけ選んで受診してください。
節目健診対象者はこちら

(A)健保連契約健診機関で受診する場合

健保連が契約しているコース内容(日帰り)になります。

オプション検査は健保連人間ドック健診機関一覧に金額が記載されている項目のみ追加することが可能です。乳がん・子宮がんに対する補助の上限は3万円です。

年度内にすでに乳がん、子宮がん検査を健診補助で受けられた場合はオプション検査を利用できません

コース内容の一部をキャンセルすることはできません。すべての項目を受診願います。

契約しているコース以外を受診した場合は、全額自己負担となりますので、ご注意ください。

健保連人間ドック健診機関一覧はこちら

在職者の方は、年度内に「人間ドック」AとBのいずれか1つを利用できます。

任意継続被保険者の方は、年度内に「人間ドック(AとBのどちらか)」「生活習慣病健診」のいずれか1つを利用できます。

資格喪失後の受診および年度内に2回以上受診された場合は、後日健診費用の全額を請求しますので、ご注意ください。

詳しい案内や申請書はこちら

(B)健保連契約健診機関以外で受診する場合

半日(日帰り)~1泊2日コースで、特定健康診査項目(「ご注意(クリックして必ずお読みください)」参照)をすべて含む健診費用に対して補助いたします。

なお、脳ドック・女子特別健診以外のオプション検査、PET検査も含めて、上限額までの補助となります。

在職者の方は、年度内に「人間ドック」AとBのいずれか1つを利用できます。

任意継続被保険者の方は、年度内に「人間ドック(AとBのどちらか)」「生活習慣病健診」のいずれか1つを利用できます。

資格喪失後の受診および年度内に2回以上受診された場合は、後日健診費用の全額を請求しますので、ご注意ください。

詳しい案内や申請書はこちら

脳ドック

脳ドックコース、脳MRI検査、脳MRA検査に対しての補助となります。

頭部CT検査は、脳ドック補助の対象となりません。

35歳未満は5年に1回、35歳以上は年に1回利用できます。

詳しい案内や申請書はこちら

生活習慣病健診

任意継続被保険者の方で、特定健康診査項目(「ご注意(クリックして必ずお読みください)」参照)をすべて含む健診費用に対して補助いたします。

在職中の方は会社の健康診断があるため、ご利用いただけません。

任意継続被保険者の方は、年度内に「人間ドック(AまたはBのどちらか)」「生活習慣病健診」のいずれか1つを利用できます。

資格喪失後の受診および年度内に2回以上受診された場合は、後日健診費用の全額を請求しますので、ご注意ください。

詳しい案内や申請書はこちら

申請書類はこちら
  • 健保連契約健診機関の人間ドックを申請する場合

    (A)人間ドック利用申込書・受診券
    記入見本(PDF)
    書類
    案内
  • 健保連契約健診機関以外の人間ドック、脳ドック、生活習慣病健診を申請する場合

    (B)人間ドック・脳ドック等補助金申請書
    記入見本(PDF)
    書類
    案内
書類提出上の注意

A4用紙で申請書類をプリントアウト(白黒可)して使用してください。

プリントアウト後、必ずボールペンで自筆署名・捺印の上提出してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。
お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。