小児弱視等の治療用として用いる眼鏡及びコンタクトレンズ(医療用眼鏡等)をつくりましたが、その費用は払い戻しされますか?

前のページに戻る

9歳未満の小児が弱視、斜視及び先天白内障術後の屈折矯正(小児弱視等)の治療用として用いる眼鏡及びコンタクトレンズ(医療用眼鏡等)を作成し購入したとき、払い戻しを受けるには「療養費支給申請書(治療用装具)」に「保険医の治療用眼鏡等の作成指示書(写し)」「患者の検査結果(写し)」「治療用眼鏡、コンタクトレンズを購入した際の領収書(原本)」を添付して、健保組合に申請することになります。「詳しい説明はこちら」より詳細をご確認ください。

詳しい説明はこちら

Posted in: 給付について