出産したとき健康保険からどのような給付が受けられるのでしょうか?

前のページに戻る

被保険者(本人)が出産した場合は、1児について、40万4000円(産科医療補償制度加入分娩機関で出産した場合は42万円)の出産育児一時金と10万円の出産育児一時金付加金が受けられるほか、出産手当金も受けられます。

被扶養者(家族)が出産した場合は、1児について、40万4000円(産科医療補償制度加入分娩機関で出産した場合は42万円)の家族出産育児一時金が受けられます。出産育児一時金は、妊娠85日目以降のお産であれば、死産、人工妊娠中絶を問わず、受けることができます。

なお、出産手当金は、被保険者が出産のため会社を休み給料を受けなかった場合、出産の日以前42日目(多胎妊娠の場合は98日目)から出産の日の翌日以後56日目までの期間、欠勤1日につき、支給開始日以前の継続した12ヵ月間の各月の標準報酬月額を平均した額を30で割った2/3に相当する額(支給開始日以前の被保険者期間によって算定基準が異なる)が支給されます。

なお、傷病手当金と出産手当金の両方が受けられるときは、傷病手当金の額が出産手当金の額よりも多ければ、その差額が支給されます。

妊娠22週以降の出産(死産を含む)に限ります。

詳しい説明はこちら

Posted in: 給付について